2010年1~3月のイベント情報

1~3月に開催されるイベントの詳細情報はこちら→

「京都建築学生之会合同卒業設計展 Diploma×KYOTO ’10」
2月27日 (sat) 13:00~16:00 シンポジウム
ゲスト:五十嵐太郎、菊地宏、鈴木謙介、彦坂尚嘉
会場:京都市勧業館 みやこめっせ 3F 第3展示場
〒606-8343
京都府京都市左京区岡崎成勝寺町9番地の1
http://diplomaxkyoto.jp/

シンポジウム:鈴木謙介×水月昭道(司会、荻上チキ)「博士は何を夢見れるのか?」
3月12日 3:00~5:00 立命館大学衣笠キャンパスの創思館1F
お申し込みはこちらからどうぞ ⇒ http://synodos.jp/seminar_lecture
※立命館大学のシンポジウムはお申し込みは不要です。

「情報通信学会 モバイルコミュニケーション研究会 第4回研究会」
日時: 2010年3月26日(金)15:30-18:00
会場: 関西大学 心斎橋オフィス
テーマ:iButterflyとPhoneBook:コミュニケーションを「拡張」する2つのiPhoneアプリ
司 会:岡田朋之氏(関西大学)
報告者:中野華奈氏((株)電通)
討論者:鈴木謙介氏(関西学院大学) 富田英典氏(関西大学)

報告趣旨:近年、モバイル・メディアとAR技術の連携が進み、新しいサービスが次々に登場している。そこで、今回は、11月10日の「Digital Download. Behind the headlines.」で電通が発表したiPhoneを利用したAR(Argumented Reality、拡張現実)活用型クーポンシステム『iButterfly』とiPhoneを活用した新たな表現プラットフォーム『PhoneBook』を取り上げる。

『iButterfly』は、iPhoneのモーションセンサー機能やGPS機能を活用し、ARやケータイゲームなどの要素を付加させたiPhone 3GS向けアプリである。『iButterfly』では、クーポンを蝶(Butterfly)で表現し、ユーザはiPhoneで街中を浮遊する蝶を探し、さまざまなクーポンを入手できる。電通は1月21日に実証実験サービスを発表し、1月20日~3月31日までApp Storeでアプリを無料公開している。『PhoneBook』では、専用絵本カバーにセットしたiPhone上で映像などが楽しめるサービスである。iPhoneの画面に指を触れながら読み進めていくものであり、2010年春には講談社からPhoneBookの第1弾シリーズが登場する予定だという。報告者として中野華奈氏((株)電通)を迎え、ふたつのサービスの全容について御講演をお願いする。討論者には鈴木謙介氏(関西学院大学)と富田英典氏(関西大学)を依頼した。本サービスの今後の展開に加えて、モバイル・コミュニケーションの未来についても議論したい。

申込締切り: 3月24日(水)
申込方法: 学会事務局(jsicr@jotsugakkai.or.jp)まで事前にお申し込み下さい。
http://www.jotsugakkai.or.jp/operation/study/mobilecom.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする