KG-RSCPセミナー 「現代社会の課題としての「政治」:エンパワーと共生のはざまで」

50000000

関西学院大学社会心理学研究センターウェブサイトより

第5回KG-RCSPセミナーは,第16回 政治コミュニケーション研究会との共催で開催します.

【日時】2016年2月23日(火) 15:30~17:30
【場所】関西学院大学(西宮上ヶ原キャンパス) 社会学部棟 202教室
    会場案内図:http://www.kwansei.ac.jp/pr/pr_001086.html
【発表者】鈴木謙介さん(関西学院大学)
【タイトル】現代社会の課題としての「政治」:エンパワーと共生のはざまで
【発表言語】日本語
【懇親会】18時30分~(西宮北口駅周辺)

【概要】
政治を対象にした研究のアプローチは広いが、報告者はこれまで政治と社会学の境界領域として、政治思想の研究を進めてきた。この分野では過去20年ほど、「再帰的近代化論」と呼ばれる社会学理論を援用しながら、現代に特有の課題を理解し、政治の役割を明らかにする試みが続けられている。今回の報告では、再帰的近代化論の基本的な枠組みを紹介しつつ、なぜ「政治」が現代において課題となるのかについて問題提起を行う。
この種の問題提起はどちらかと言えば思索的で、「仮説→検証」型の社会科学的手続きにはなじまないとする見方も根強い。また兆候的な事例が観察されるのみで計量的な調査で把握することが困難だとも考えられてきた。今回はこの点についても、現在までの研究動向を紹介したい。

■ 懇親会(18:30~)も西宮北口周辺で予定しております。ぜひご参加ください。懇親会のみの参加も歓迎いたします。

■ 以下のフォームから【2月16日(火)までに】事前登録をお願いします。
※ 今回の研究会については、これまでの研究会に比べて多数の参加者が集まる可能性が高いと考えております、懇親会会場確保の都合上、お早目の登録をお願いします。
https://docs.google.com/forms/d/1dSVlOSTew_8_YCQ87Tb-BLY_mNzZmA2PBcM8c4zPNgQ/viewform?usp=send_form

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする