「である」人と「する」人

今も残る「である」ことと「する」ことの問題 丸山眞男の文章の中でもっとも有名なものといえば、おそらく国語の教科書で読んだ「「である」ことと「する」こと」(『日本の思想』所収、1961年)になるだろう。あまりに有名なこの文 … 続きを読む 「である」人と「する」人