2014年3月のイベント情報

[2014/03/14 “ソーシャル”が生むテレビ視聴熱?! ~あまちゃん現象が投げかけたもの~]

“ソーシャル”が生むテレビ視聴熱?! ~あまちゃん現象が投げかけたもの~

連続テレビ小説『あまちゃん』が巻き起こしたブーム=「あまちゃん現象」の捕捉と記録を目的に私達は調査を始めました。そこから見えてきたのは、ネットやソーシャルメディアを使いこなす視聴者とテレビとの新しい関係性、そして、現在の調査指標では把握しきれない視聴の“熱”。ソーシャル時代と言われる現代の「テレビの力」の可能性を、パネリストの皆さんとともに考えていきます。

パネリスト

藤田 真文 (法政大学社会学部 教授)
放送批評懇談会会員(常任理事)、民間放送連盟賞審査委員(関東地区・ラジオ報道部門)。「ドラマはどこまで現実か 鎌田敏夫が描く80年代日本社会」を『GALAC』に連載中。著書に『ギフト、再配達 テレビ・テクスト分析入門』(せりか書房)、『メディアが震えた テレビ・ラジオと東日本大震災』(東京大学出版会)など。

鈴木 謙介 (関西学院大学社会学部 准教授)
専攻は理論社会学。ネット、ケータイなど、情報化社会の最新の事例研究と、 政治哲学を中心とした理論的研究を架橋させながら、独自の社会理論を展開している。

  ほか

詳細・お申込み:http://www.nhk.or.jp/bunken/symposium/2014/program.html#h