雑記20190306

今日は、デボラ・チェンバース『友情化する社会』を中心に、友人関係や親密性についての文献をいくつか読み通す。オープンキャンパスの準備のつもり...

雑記20190304-04

今日最後に手にとったのは『デザインされたギャンブル依存症』。文化人類学者による、ラスヴェガスのマシン・ギャンブリング依存症者を対象にしたイ...

雑記20190304-03

ちょっと箸休め的に『無人化と労働の未来』を読む。前の投稿から約1時間だから、ほんとにさらっと読める本。 内容は、タイトルとは...

雑記20190304-02

2冊目に手にとったのは、ジグムント・バウマンの遺作となった『退行の時代を生きる――人びとはなぜレトロピアに魅せられるのか』。バウマンの著作...

雑記20190304-01

インプットの日ということで、まずは話題書『FACTFULLNESS』を読む。事前に聞いていた評判のせいかもしれないけれど、予想通りに問題の...